ホームページの勘違い!

ホームページは作ってみたけど

ホームページは作ってみたけど

十数年前家の庭を犬が遊べるように改修工事したことがありました。後になって改修工事をした業者から出来上がりを私のホームページに掲載していたのを見たらしくホームページの製作依頼がありました。それなりに満足して頂いたのですが、いろいろ要望を訊いていたら

  • サイト名は「あ」とか「A」ではじまる言葉
  • どの位訪問者があるのか?カウンタ設置希望

と言った内容でした。上は電話帳と一緒で「あ」や「A」が最初に表示される。下は訪問者がたくさん来てくれる期待を感じます。私は、キーワードやキャッチフレーズのメタディスクリプションなど最適化して検索サイトに登録とできる限りの紹介ポータルサイトにリンクをしました。その当時のSEO(yahooなどの検索サイトの結果ページで自社ホームページが表示される順位を上げる手法のこと)はその程度のことしかできなくて、後はいろんなホームページにリンクしてもらう相互リンクを増やすのと、こまめにホームページを更新する位でした。今もそうですがSEOが効いてくるのは数週間~数ヶ月時間がかかります。

しかし、ご依頼者(60代半と思われます)様は、

ホームページが出来上がったらすぐにお客様が訪問してくれる

と思っていたようでした。最低でも月に1~2回は更新しなければならない旨説明し、原稿を渡してもらえたら私が更新する約束でしたが、結局更新されることは全く無く反響も無いので1年を待たずにレンタルサーバーが解約されてその会社のホームページは消滅しました。

60代以上の年代の方って

「ホームページを作る!」 → 「お客様がいっぱい増える!」

と言う認識なのかもしれませんね。これって私見ですが、TBSテレビ系列で10シリーズも放送されたラーメン屋と和食料亭が舞台の人気ドラマ、やたらと長い台詞をが俳優さん泣かせの例のアレの影響じゃないかと思うんです。某有名脚本家さんのホームページの認識がそんなもんだったのでは?なんて思います。