出力サービスを利用するには、3Dデータが必要です

3Dプリンター出力サービスを利用するには、3Dデータが必要です。しかし・・・

  • 3Dプリンターを購入したけれど3Dデーターが作れない。
  • アイデアはあるけど、3Dデーターが作れない。
  • サンプルは作りたいが3DCADの技術者がいない。

なんて言うお声をよくききます。弊社では3Dデーターを代行して作成致します。

3Dデーターは、1枚の漫画からでも作成可能です

図面があれば一番良いのですが、1枚の漫画からでも作成可能です。
ここに1枚の漫画があります。

ロボットの手描きの漫画

ロボットの手描きの漫画

実際に漫画を定規で測りながら長さの比率を計算して大きさを探っていきます。

上腕部分

上腕部分

頭、腕、ボディ、車輪などそれぞれのパーツデーターを作成します。

Assy図

Assy図

3DCAD上でそれぞれのパーツデーターを組み立てて出来上がりです。

経験豊富な設計者がモデリングするので安心です

製品設計の進め方は、たいていお客様のグラフィックデザイン部門からデザイン案が提示されます。それを元に仕様の寸法や内部構造を検討しながら射出成形金型で製作可能な条件を満たすよう設計する場合が多いです。弊社のモデリングエンジニアは長年設計部門で設計を担っており経験が豊富です。3Dプリンターは中空などアンダーカット(成形品を金型から取り出す時、そのままの状態では離型できない凸 形状や凹形状のことをいいます。)があっても製作できますが、そのままでは製品へ展開するときに形状変更をしなければなりません。そういった技術的な検討もしながらモデリングしますので安心です。

ご注文方法

先ずはお気軽に お問い合わせ やお電話にてお見積もり依頼をお願いします。